[Xcode]iOSアプリ開発 チュートリアル:ストーリーボードの使い方(中)

Pocket

Retinaディスプレイに慣れてしまったiPad2を見てると液晶が荒いな と日々開発を行いながら思っている中村です。

こんにちは

前回の続きで今回はストーリーボードにコードを埋め込んでいきます。

SBview

前回までで作ったストーリーボードです。

ではitem1側のUiTextView エリアにコードで文字列を表示させる流れですが、

まず適応するコードとなるファイルを新規追加します。ファイルを追加したい箇所でマウス右ボタンで

NewFileを選択し、Objetcitve-C classを選択します。

スクリーンショット 2013-09-05 10.44.31 スクリーンショット 2013-09-05 10.45.11

Nextをクリックしファイル名を確定させます。

スクリーンショット 2013-09-05 10.46.25

今回は標準の UIViewController を選択肢、class名に TopViewControllerとします。

スクリーンショット 2013-09-05 10.46.56

これでストーリーボードへ取り付けるコードの準備はできました。準備ができたので、TopViewController をストーリーボードへ関連づけます。

 

スクリーンショット 2013-09-05 10.50.07

コードを取り付ける箇所にマウスをあて全体が青色になる事を確認し、左メニューからclass(作ったファイル)を関連づけます。

これだけで完了です。

次はUITextViewの部品単位をひも付けます。h m両ファイルに書き込みします。

スクリーンショット 2013-09-05 10.55.29スクリーンショット 2013-09-05 11.06.58

IBOutletがひもづけるために必要なものです。ソースができたら、

今度はストーリーボードでIBOutletとUITextViewをひもづけます。

スクリーンショット 2013-09-05 11.03.10

これで完成です。ビルドをすると下の様な結果画面が出来ます。

スクリーンショット 2013-09-05 11.07.32

コード側でUITextViewの設定をかえるなどする事も可能です。

 

次の(下)は UIWebViewを使った WEB表示画面を作っていきます。