【制作事例】紀尾井町内科様 グラフィックデザイン

12月1日に、紀尾井町内科様の開院にあわせてホームページが公開されました。
今回は、弊社で制作させていただいた印刷物をご紹介いたします。

【紀尾井町内科様】
http://kioichonaika.jp/
web_img_kioicho

制作させていただいたものは、
・封筒2種
・折り込みチラシ
・3つ折りリーフレット
・名刺
・診察券
・病院カード
・名札
です!

gra_img_kioicho

和を基調とした美しい院内の雰囲気に合うように、紙質やフォントにもこだわりました。

3つ折りリーフレットには、生成りで温かみのある和紙のような紙を使用しています。
印刷物に使われている写真も、すべて弊社で撮影いたしました。

DSC_2782

左から、名刺、病院カード、診察券。
診察券はプラスチックカードになっています。

DSC_2719

このように、WEBサイトの制作と並行してグラフィックデザインもお引き受けできます。
また、チラシの折り込みやポスティングに関してのご相談も承っております。
ポスターやお薬袋やカルテなどのデザインも可能です!

グラフィックデザインでお悩みでしたら、是非一度お気軽にご相談くださいませ。

市村先生よりコメントをいただきました

すべて安心してお任せすることができました。デザインに関して信頼していたのでノーストレスでした。
ありがとうございます。

制作実績

→グラフィックデザイン

→ロゴデザイン

【制作事例】看護部サイト

茨城県にある筑波学園病院様の看護部サイトをリニューアル制作させていただきました。

「筑波学園病院 看護部」
http://nurse.gakuen-hospital.com/

tsukubakangobu01

 

こちらの病院では従業員満足度が非常に高く、
一度は出産のために退職されたナースさんが子育てを終えてまた戻ってこられることもあるのだとか。
子育て支援や教育システムなどハード面の充実ももちろんですが、
スタッフ同士で支えあいながら働けるという人間関係の良さがスタッフの満足度につながっているようです。

そんな働きやすさをもっと効果的にアピールしよう!ということで
各所に工夫を凝らしました。

 

まず注目していただきたいのが、トップページで素敵な笑顔を見せてくれているナースさんの写真。
こちらは実際に筑波学園病院様で働いているナースさんたちを撮影させていただきました。

リロードするたびに違うナースさんが出てきます。
その数は全部でなんと12種類!
下の写真はその中の一部です。(あとはぜひサイトで確認してみてください・笑)

tsukubakangobu02

トップページを表示するたびに色々な笑顔のナースさんが出てくるので、
それだけでグッと生き生きとした印象になりますよね。
実は、これだけの枚数が出てくるのにはもう一つ理由があります。

 

ナースさんに限った話ではないのですが、
サイトにスタッフさんの写真を使いたいと思っても、
スタッフさんからOKがいただけずにモデルさんや素材集を使用するということはけっこうあるんです。

今回は特にトップページという目立つ場所ですので、
やはりそういう場所に写真が載ってしまうのはちょっと……という声もあり、
最初はモデルさんを使って撮影するという案も出ていました。

モデルさんでも、工夫すれば自然な写真を撮ることは可能です。
ただ今回はアピールポイントに「人間関係の良さ」があるということもあり、
ナースさんが支えあって働いている雰囲気をダイレクトに伝えるには、
やはり実際のナースさんを撮影させていただきたかったんです。

 

なのでここはちょっと工夫しまして、
「写真は部署ごとに2名または3名ずつ、
ブラウザを更新するたび画像が変わるので自分だけがずっとトップページに表示されることはありません」
ということで、なんとかOKをいただきました。

素材集やモデルさんでは出せない、
あたたかみと表情のあるトップページになっていると思います。

 

ナースさんたちには看護部紹介動画にもご出演いただいています。

ナレーションもナースさんたちが実際に喋ってくれています。

2分弱という短い動画ですが、
ナースさんたちがイキイキと楽しく働いている雰囲気が伝わってきますね!

実際のスタッフさんを起用した撮影は、
全員の日程を合わせるのが大変だったり、
思うような表情がなかなか撮れなかったりと難しい面もあります。

ですが、病院の「表情」がダイレクトに伝わるという点で、
特にリクルートを目的とする場合には効果が高いと思います。

 

コンテンツにもたくさんナースさんの笑顔写真を使わせていただきました。
スマートフォンでの閲覧にも対応しています。

看護部の魅力が存分に伝わるサイトになっていると思いますので、
ぜひご覧になってくださいね。

 

「筑波学園病院 看護部」
http://nurse.gakuen-hospital.com/

【制作事例】タレントさんを起用した対談コンテンツ(平野レミさん)

今日はメディカルデザインが企画から参加させていただいている
対談コンテンツをご紹介したいと思います。

「yuichiroyazaki.jp 免疫力をあなどるな!」
http://yuichiroyazaki.jp

yuichiroyazaki

 

樹状細胞ワクチンというがんワクチン技術を開発しているテラ株式会社の社長であり、
もともとは医師でもある矢崎雄一郎さんのブランディングサイトです。

健康・免疫力・がん治療などのキーワードに関心のある方をターゲットに、
免疫力を切り口として幅広くヘルスケアの話題を発信することを目的としています。

 

矢崎社長は「免疫力をあなどるな!(リンク)」という本も書かれていて、
フレンドリーでお話もとってもわかりやすいのですが、
「医師」とか、「経営者」という肩書がついてしまうとどうしてもとっつきにくいイメージになってしまいます。

そこで、タレントさんや料理家の方などターゲット層に親しまれている方との
対談コンテンツにすることで、「やわらかく、わかりやすく」免疫力やがんについての
お話を発信できればというのがこの対談の目的です。

 

この対談コンテンツ、
メディカルデザインが対談相手の選定から対談テーマの企画、お相手へのアポイント、
当日のセッティングや撮影、
最終的にはテープ起こし・ライティング・ページ制作まで一貫して担当させていただいてます。

先日は、料理愛好家でシャンソン歌手の平野レミさんとの対談でした。

 

当日はカメラ映えを考えて、
テーブルの位置、イスの角度など細かいレイアウトまで撮影スタッフ本人がセッティングします。

対談内容に関しても、矢崎社長には事前に想定質問集などの資料をお渡しして、
イメージをふくらませていただきます。

 

img04-1
こちらの写真の、レミさんの後ろにぼんやり写っているモニターには、
実はレミさんのオフィシャルサイトが表示されています。

撮影をする際に、背景のないものばかりよりもちらっと背景が入るものが
あったほうがメリハリがつくということもありますが、
レミさんが入室されたときに「あら、私のサイトだわ」と思っていただけるかな?
という狙いもありました。

 

小さなことですが、お話していただく方にリラックスしてもらう工夫です。
この対談、レミさんの元気の秘密についてお聞きしよう!というテーマで
生活習慣や食生活についていろいろお聞きする予定だったのですが、
逆に矢崎社長がレミさんの質問攻めにあってしまいました(笑)

レミさんは細かいことは気にしない、自由でダイナミックな印象がありましたが、
ご家族の健康についてひとつひとつ真剣に質問するレミさんは、
良い意味で「普通の奥さんであり、お母さん」でした。

 

そういうわけで、少し予定とは違ってしまいましたが、
免疫力アップレシピは予定どおりたくさん教えていただいて、
かつレミさんのリアルな心配事を伺うことができまして、
なかなか味のある対談記事に仕上げることができました。

予定どおりにいかないところがこういう企画の面白いところですね。

 

この日は、ついうっかり口をすべらせてしまったレミさんが
「こんなの載せたら大変よね!ちょっとこれ内緒ね!」と
お茶目にフォローするハプニングもありました(笑)

(内緒なので、内容は書けません。ごめんなさい!)

対談では美味しい免疫力アップレシピもたくさん紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

特別対談 料理愛好家・シャンソン歌手 平野レミさん
「パワーの秘密は夫にあり?”ゴックンして幸せ”で免疫力も美味しくアップ」

yuichiroyazaki_taidan
今まで平野レミさんを含め3名の方との対談に同席させていただきましたが、
みなさんひと目でわかるほどエネルギッシュなオーラがあります。

そして、そんなエネルギッシュな方々から口をそろえて
「お若い!」「ツヤツヤですね!」と褒められる矢崎社長もスゴイ……。

 

そんなエネルギーがぶつかりあう対談現場はポジティブな空気でいっぱいで、
このパワーを皆さんにお分けしたい!という気持ちで一同コンテンツを作っています。

対談が終わったあとは、なんだかスタッフもツヤツヤしています(笑)
これからももっともっと盛り上げていきたい企画ですね。

 

こちらの対談のような内容でしたら社内スタッフでテープ起こし・ライティングが可能ですし、
より専門的な内容の場合はその分野の専門ライターさんも手配しています。
タレントさんや各ジャンルの専門家の方へのアポイントも承っています。

「こんなこと、webの会社に頼んでもいいのかなぁ」ということでも
意外とさっくりお引き受けできることが多々ありますので、まずはご相談くださいね。

【制作事例】動物病院サイト・外来担当表CMS

千葉県内に3つの動物病院を展開する、
スマイルどうぶつ病院さんのWebサイトをリニューアル制作させていただきました。

スマイルどうぶつ病院
http://smile-vet.jp
web_img_smile-vet

3院で異なる病院情報をわかりやすくまとめられるようにと考えてフッターをデザインしました。
Webサイトのカラーに合わせてGoogle Mapのカスタマイズも行っています。
web_img_smile-vet2

制作後は、メディカルデザインで更新のサポートをさせていただくことはもちろん、
ブログや外来担当表など、院内から簡単に更新可能なCMSの導入も行っています。

スマイルどうぶつ病院さんのサイトでは、ブログはWordpressを導入し
外来担当表はご要望に合わせてオリジナルのものを作成いたしました。
web_img_smile-vet3

オリジナルのCMSについては、外来担当表のほか、休診情報ページや医療講演ページなど、
ご希望に合わせて作成可能です。過去のブログでもご紹介しています!
>>>どんなCMSがあると便利?

【制作事例】ペッサリー情報サイト

 
ふだん病院や、クリニックなどのホームページを作らせてもらうことが多い弊社ですが、
今回は少し珍しい事例で、医療器具(ペッサリー)の情報サイトを制作しました。

「知ろう!ペッサリーのこと」
http://pessary-info.jp
img_pessary

PC/スマートフォンに対応しています
 

ペッサリーと言うと一般的には避妊具のイメージがあるかもしれませんが、
現在の主な使われ方は、子宮脱などの骨盤臓器脱の治療です。

患者さまはもちろん、医療関係者にも
ペッサリー(およびリングペッサリー)について正しい知識と理解をもってもらえるよう
情報発信をしていきたい、という目的で
企画の初期段階からお話をいただき、
弊社で、わかりやすいサイトタイトルやドメイン名も提案させていただきました。
 

掲載されている情報はまだ多いとはいえませんが、
サイト公開後も、少しずつ追加更新しています。
スマートフォン版では
Sidr.jsというプラグインを利用して、
横からスライドしてくるメニューを作成しました。

img_sidr

Sidr.js は特に難しい設定もないので、
CSSをちょこっと上書きした程度で、基本的にはそのままで使用できました。

最新版(v1.2.1)は、Androidで「子要素の最初のリンクURLに勝手に遷移してしまう」
というバグがあるようで、
少し古いバージョン(v1.1.1)を使っています。
 

さくらインターネット環境のPHPからSSH2でアクセスするには

システム部の中村です。

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

先日、実家で父がやっている内装屋の社員旅行があり、みんなでスカイツリーの久々に登ってきましたが、その時、赤坂方面見てみると、しっかり弊社が入っているアークヒルズフロントタワーが映ってました。

スカイツリーから六本木

いやー最近のカメラは性能上がる一方ですね

 

さてお得意様の案件で、

さくらのインターネットのライトプラン(レンタルプラン)で、PHPからSSHで他のサーバーに入り、各アカウントのディレクトリー容量等を定期的に調べないといけない案件の際、さくらインターネットでPHPからSSH接続する方法を記載します。

さくらインターネットさんのレンタルプランではPHPからSSH2関係のコマンドが使えないようになっています。

※ 要は phpinfoでSSHの項目が無い コンパイルされていないわけですね。

できないなら、php.iniで ssh2.so を 読み込めばいいじゃないか!

というわけで、

まずは、soファイル(共有ライブラリのファイル形式)を作ります。

tada,

SSH2のライブラリーをコンパイルするには、

libssh2 を準備しないといけません。

普通であれば、ソースをダウンロードして、”./configure  make make install”すればいいのですが、レンタルサーバー環境なのでもちろん /usr/sbinにアクセスできずコンパイル失敗となります。

なので、自分の領域にコンパイルします。

wget libssh2をダウンロード

tar で解凍

cd libssh2-1.4.3
./configure –prefix=/home/<USERNAME>/www/admin/libssh2/install
make
make install

これで、成功するはずです!

そのあと、同じ要領で、

wget ssh2をダウンロード

tar で解凍

cd ssh2-0.12

追記: phpize と打ち込みconfigure できるようにしてください。

./configure –prefix=/home/<USERNAME>/www/admin/libssh2/install/ –with-ssh2=/home/<USERNAME>/www/admin/libssh2/install/

make

make install  <=これは失敗します。コピー先がどうしても、/usr/sbin になるため

この段階で

ssh2.so が作られるので、

cp ssh2.so /home/<USERNAME>/www/admin/module/

のように適当な場所にコピーをして

PHPを動かす場所にphp.iniを設置し

error_reporting 8191
extension_dir=/home/<USERNAME>/www/admin/module/
extension = ssh2.so

としてやります。

すると、

phpinfo ssh

phpinfoで確認すると、SSHが動作することが確認できます。

soファイルで機能が使いできるので、いろいろ機能を増やしたり、することもこれで可能になるとは思います。

コンパイルできないレンタルサーバーでこれならかなり使い勝手がよくなるかな・・・

 

 

 

消せないパーティションを消す方法(Windows編)

先日iMacの液晶を壮絶に落としたシステム部の中村です。

液晶を落としたiMacさんは部品取りとして別のiMacさんの修理部品として余生を過ごす運命です。(既に電源ユニットが交換されて高周波音が1台のiMacから消えました)

こんにちは

弊社のシステム部は何から何までやってます!!

 

と そんな中、新しい方が入社されたり、更新の運用方法を変えたりするために、最近iMacのHDDを交換したり、メンテナンスを増えたのですが、

その際OSのクリーンインストールをする(USBからOS X Mavericks)を際にUSBBootさせるために、

USBのパーティションを複数に割ることがあるのですが、その際通常の操作では一つに戻せない場合があります。

そこで、消せないパーティションを消してしまう(Boot領域用に200Mサイズのもの)方法を記載します。

Windows7 コマンドプロンプトで、DIskPart  ( c:\>diskpart ) をいう標準コマンドを使います。

図は 今回の作業を一まとめにした図です。

DiskPart

まず list disk で今認識しているディスクを調べます。(これはWindows のディスク管理でも番号を調べることが可能です)

ここでは、USBが ディスク2と認識されているので、

select disk 2 を入力し選択させます。

次にそのディスクの内部のパーティションをリストアップします。

list partition と入力し消したいパーティションが1と判ったので、

select partition 1 と入力し

強制削除コマンドを打ち込みます。

delete partition override

この overrideが重要です!!これをつけないと消せません!

この方法で、消せないパーティションを強制的に削除できます。

MACの起動USBDISKにしてしまうと、普通に戻すにひとてま必要になりますが、これなら、Windowsで楽に直せるので、覚えておいてもいいかなと・・・

wordpressでブログはじめました!

最近のサイト制作と言えば50%くらいの確率でCMSいれてちょうだい、それもWP、ワードプレスでっていう流れです。

一昔前はmovabletypeも人気でした。略してMTって言うとカッコ良かったんですがなぜかワードプレスはわーどぷれすのままです。

あ、文章の時はWPなので短さがポイントですか。

そういったわけで最近の流れに乗ってみます。疑問なしで、やはり毎日体験しとくと聞かれた時の返事にも説得力があるってもんで。

でも慣れないうちはメモ帳で書いた文章をはっつけて記事を作成していきます。
Continue reading