USMハラー分解 準備編

システム部の中村です。

こんにちは

弊社の書類棚などは、基本的に、USMハラーの棚をカスタマイズして使っておりますが、このUSMハラー専用工具ができないと名高いのです。

またその専用工具が、通常では買えず業者にお願いをしないと構築できないという物なのですが、

先日、知り合いから、ネジが付いてるなら、何とかなるよ

必要なのは、4と5の首振りの六角レンチだけだよ

IMG_0344

ということで、

作業方法を見学に、風邪引いてゴホゴホ言いながら、ちょっくら立川までお出かけしました。

で教えてもらった方法ですが、

なるほど!という目から鱗な方法で・・!

 

今晩撮影しながら作業してみますが、簡単に分解・組立はできそうです!

今朝、事務所にみんなが来る前に、ごにょごにょっと作業してみました・・

IMG_0345

IMG_0346

案の定簡単に分解できました。&組立もできそうです!

 

先日ある物を導入して会議室が狭くなってしまい、少しでも広くといろいろ試行錯誤中でしたが(TVの配線とかカメラ除湿庫を整理)、これ根本的に会議室を広く使えそうです。

 

そして裏の倉庫に新型のUSMハラーパイプを見つけたので、そっちだともっと簡単に作業できるので、そっちにやり替えて、裏のサーバー棚を作りきろう!(そんな時間あればいいけどな・・・・)
 

Line クリエーターズスタンプ製作 その1

日曜日に新作ガンダムでTVシリーズの1-3話先行上映会(監督の舞台挨拶付き)に行ってきたシステム部の中村です。こんにちわ

IMG_0016

さて、弊社の取引先様はゆるキャラをたくさんお持ちになっているので、以前は、高値の花だったLINEスタンプ(公式)を提案はしたのですが、なかなかよい返事をいただけませんでしたが、クリエーターズスタンプならコストもかからず、広告媒体としてもいろいろ使えるのではないかと思ったのが、先日の話でして、、、

 

Continue reading

某テーマパークのチケットシステムの考察

最近忙しくてディズニーシーに行っていないなーと思ってるシステム部の中村です。

こんにちは でも次は9月7日のレジェンドオブミシカの最終日をねらっていこうかと思うしだいです。

IMG_0270

ちなみに、自分はミシカをみるならこの基地の右上からですね!

 

さて先日仮眠を取ろうとした際に、考え出したら止まらなくなった某テーマパークのゲートのシステムに関しての考察をまとめたいと思います。

 

某テーマパークの入場ゲートのシステムですが、

1、チケットのバーコードに書かれているIDを読み込むのですが、不正防止対策として過去使われたチケットを判断している。過去はチケットにパンチしているので、判断が付きやすいが現在はパンチしていない

2、2014年時点で6億人の入場が確認されている ただ、ID月チケットになり始めのは数年前からなので、ここでは約3億レコードのチケットが発見されたと想定

3、3200万人程度の年間利用者数から1日平均平均8.5万人程度 最大で14万人と推定

このことから

過去のチケットが約3億インパレコードあると推定されます。(インパ:インパーク 意味:パークにインする(入園する)) その3億レコードを毎回なめるというのはいくらなんでも現実的ではなさすぎます。

ゲートにオンメモリーなDBを組んでもいくらなんでもあの短期間(もの数秒)ではいくらなんでも無理だと思う。となるとどうするべきか。ちょっとまてよく考えたらチケットには約1年の有効期限が設定されている となると

ゲートの中では

1、日付から該当IDの範囲を計算し範囲外を排除

2、ゲート内内部のDBには過去1年分のインパレコードを準備し総舐めを行う。未使用チケットも考えても、年間では4000万レコード程度と推定。

4000万レコードをIDごとでテーブルを分け尚且つ物理的にもパーテーションで割って、オンメモリーに載せてしまえば、短期間の検索も可能と思われます。

selectした瞬間 当日のみのインパレコードがある当日インパテーブルにIDをinsert、パーク内のアトラクション優先チケット発券をはこの当日テーブルをselectさせればいい

これなら、あの短期間で不正チケットのcheckも可能ではないでしょうか。

なかなかこのような超大規模なレコードを扱う機会が少ないので、いいアイデアがでないところですが、きっとその手のベンダーさんとかはノウハウすごいんでしょうね。

USJさんはNECの技術使いまくりというCM ( http://jpn.nec.com/ad/usj/entry.html ) まで流れてるぐらいなので、一度こういう大規模的な技術セミナーとかあれば、受けてみたいものです。

 

そしてついでに某テーマパークの一番偉い人に撮影お願いした自分の中の取って置きの写真を1枚

iikuni

iMacのHDDをSSD化する方法とFANの爆音対策

毎日暑い日が続いていますがみなさんお体大丈夫でしょうか。

普通は暑さで食欲が減ると聞きますが、逆におなかが減って仕方ないシステム部の中村です。こんにちわ

 

最近、新人さんが入社する際などPCの下準備をさせていただいていますが、~買う際にいい物を買ってるので長い間使えるのかは不明ですが、、、弊社は結構物持ちがよいのですが、いかんせん長い間使っていると、どうしても、HDDとか壊れてきます。

お客様にデータなどは、各クライアントマシンに入れず社内のNASに入れているので、作業端末が壊れても問題ないと言えば無いのですが、それで業務が1日止まってしまうというわけにはいかないので壊れる前にHDD交換が最近のトレンドです。

とはいえ、最近の社内はノートPCの導入が進みSSD化されたマシンが半分近くになってきたので、HDDをSSD化するような作業は実際生まれないのですが、そろそろ、2007年モデルiMacとかのHDDが悲鳴をあげそうです。

 

というわけで、今回悲鳴をあげて壊れる一歩手前のiMac 27インチモデルのHDD交換を行う際にどうせ買えるならHDDではなくSSDにしてしまおうということを記事にしてみようかと思います。

この記事の内容は

  1. HDDをSSD化する
  2. 純正HDD以外だと、FANが全開で回ってしまう障害が発生する

=======注意========

お約束ですが、自己修理など改造を行うとアップルの保障等は受けられなくなる可能性があります。自己責任で対応ください。

=======注意========

 

Continue reading

シネマグラフ・原理・考察・時間表現

前回、シネマグラフとは
「一部分だけ動いている写真」ですよ、
と説明をしましたが、あれはです。
正しくは
「一部分だけ“時間”が動いてる写真」
なんですね。


写真というのは、ご存知の通り
〈その瞬間〉を切り取ったものなので、
量的な時間、というのを持ちません。
私達は、写真を見る時に、そのことを意識することなく、
ごく普通のこととして受け止めています。


ところが、その写真の中に
〈時間の流れ〉を持った要素が入り込んでいると
私達の認識に混乱が起こります。


そこがポイントです。


最初から動画だと思ってたら驚かないのに、
写真が動いてるとびっくりする。


私達の脳はどうも、動画と写真を観るときに
無意識にスイッチを切り替えてるようですね。


シネマグラフ作例

改めて前回の作例に戻ってみると
…もうおわかりだと思います。


この画像は、見た目が最初から動画っぽいんです。
夜中の道路で、人や車の通行がなければ、
動きのない部分があっても、別に不思議じゃない。
画質もそうですね。
加工したりして頑張ってはいますが、
元がスマートフォンで撮影したものなので
深夜にテレビでやってる定点カメラ映像みたいな雰囲気に
なってしまっています。


「これは写真だ(=時間が流れるはずがない)」
というのを無意識に思わせられないと、
シネマグラフ的な面白さは生まれてこないのです。


それらを念頭に置いて、ふたたび
https://www.tumblr.com/search/%23cinemagraph
http://www.pinterest.com/search/pins/?q=cinemagraph
シネマグラフの名作群を観てみると
どれもちゃんと「写真」に見えるような工夫がされています。


まず、画質がハイファイ、なパターン。
ファッション写真ぽく綺麗にライティングされてたり、
一眼レフみたいに背景がボケてたりすると、一気に写真らしさが増します。


それから、顔(人物)。
人間は呼吸もするし、まばたきもするので
動画であれば、何もしてなくても必ず動きはあります。
それは逆に、人が完全に静止している画像だったら
写真に見える、ということでもあります。


では動いてる部分に「煙」「風」「水」の表現が多いのはなぜでしょうか。


それらが、「時間が流れている」ことを伝える表現として、
一番わかりやすいからですね。
エントロピーの増大。


物体が左から右に移動する、というだけでは
時間の表現としては弱いんです。
これが「落下」だと時間を表現できたりしそうです。


…ここから先は
自分で考えてくださいね!
理屈だけで名作が作れるかも!?

消せないパーティションを消す方法(Windows編)

先日iMacの液晶を壮絶に落としたシステム部の中村です。

液晶を落としたiMacさんは部品取りとして別のiMacさんの修理部品として余生を過ごす運命です。(既に電源ユニットが交換されて高周波音が1台のiMacから消えました)

こんにちは

弊社のシステム部は何から何までやってます!!

 

と そんな中、新しい方が入社されたり、更新の運用方法を変えたりするために、最近iMacのHDDを交換したり、メンテナンスを増えたのですが、

その際OSのクリーンインストールをする(USBからOS X Mavericks)を際にUSBBootさせるために、

USBのパーティションを複数に割ることがあるのですが、その際通常の操作では一つに戻せない場合があります。

そこで、消せないパーティションを消してしまう(Boot領域用に200Mサイズのもの)方法を記載します。

Windows7 コマンドプロンプトで、DIskPart  ( c:\>diskpart ) をいう標準コマンドを使います。

図は 今回の作業を一まとめにした図です。

DiskPart

まず list disk で今認識しているディスクを調べます。(これはWindows のディスク管理でも番号を調べることが可能です)

ここでは、USBが ディスク2と認識されているので、

select disk 2 を入力し選択させます。

次にそのディスクの内部のパーティションをリストアップします。

list partition と入力し消したいパーティションが1と判ったので、

select partition 1 と入力し

強制削除コマンドを打ち込みます。

delete partition override

この overrideが重要です!!これをつけないと消せません!

この方法で、消せないパーティションを強制的に削除できます。

MACの起動USBDISKにしてしまうと、普通に戻すにひとてま必要になりますが、これなら、Windowsで楽に直せるので、覚えておいてもいいかなと・・・

iPhoneが壊れても大丈夫!無料で修理(交換)するための保証

title

 

 

 

 

 

わたしの中ではスマホ=iPhoneです。他のスマホにまったく興味がありません。

こんにちは、事務職からディレクション担当になりました木元です。


年々酒癖がわるくなるわたし。
この間えいやー!と道路にiPhoneを叩きつけてしまい、(スライドロックが解除できないほど)画面がバッキバキになりました。

Bnx9xpIIIAA2JqJ

ああかわいそう。

「iPhoneが壊れる=ウン万円かかる」というイメージだったので、びくびくしながらアップルストアに行きました(要予約)。

(ちなみに軽く調べた結果、私の所持するiPhone 5cは修理サービス料金26,800円、中古で白ロムのiPhone 5cを買おうとすると3万円超。)


が、しかし、0円でタダで無料で新品のiPhoneになりました!

つまり色々と保証してくれるサービスがあるんですね!ということ。(常識?)
以下まとめです。

 

midasi1

 

 

 

そもそも「すべてのiPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。」
のでiPhone 5s、iPhone 5cだと1年間は7,800円(税込)で修理や交換などのサービスが受けられます。
(iPhone 5、iPhone 4Sは4,400円(税込))

1年以内なら特に付加サービスを付けなくても7,800円だせば直してくれる、もしくは新品に交換してくれます。(ただし原形を留めていないと26,800円らしいです。)

 

midasi2

 

 

 

上記の保証が『AppleCare+for iPhone』に加入することで、購入日から2年間に延長できます。

しかし『AppleCare+for iPhone』は月額料4百円前後×最大2年間かかります。最大1万円前後(24回払い)。
携帯電話会社によって微妙に値段が異なります。なぜ?

□ドコモ:月額料金 税抜392円、最大9,408円(24回払い)
□ソフトバンク:月額料金 423円(税込?)、最大10,152円(24回払い)
□au:月額料金 初回:200円(税?)、2~24回目:400円(税?)、最大9,400円(税不明)(24回払い)
□Apple Storeで購入の場合、携帯電話会社に関わらず9,400円の一括払いのみ


新機種が出るたびに変える方など、1年以内に機種変更を考えている人は『AppleCare+for iPhone』に入る必要がそれほどありません。

注意すべきは『AppleCare+for iPhone』に加入してもしなくても、保証が「最大2回まで」というところですが、普通の人は2年で2回もバッキバキにすることはないでしょう。

 

midasi3

 

 

 

上記の保証じゃ「0円でタダで無料で」じゃないじゃないか!と思われた方、その通りです。
私がなぜお金を払わすに済んだか(正確には1回払ったけど戻ってきた)は、携帯電話会社の付加サービスに加入していたからです。

私の携帯キャリアはauなので、契約時に『auスマートパス』に加入していました。
月額情報料:372円 (初回登録日より30日間無料)

『auスマートパス』では、iPhone/iPad故障(自損、水没)時の修理代金をサポートしてくれます。
・iPhone4s/5、iPad 最大4,074円/回(税抜)
・iPhone5s/5c 最大7,222円/回(税抜)
(iPhoneご購入から2年間で2回まで)

参照:http://pass.auone.jp/security

つまり、アップルストアで7,800円を支払ってiPhoneを交換してもらい、その後auに申請すると、キャッシュバックが受けられるのです!素晴らしい。素晴らしいです。(ちゃんとアップルストアでその旨教えてくれます。)

※※※ただし、『AppleCare+』に加入していることが条件のようですので、ご注意を!


□ソフトバンクでは『あんしん保証パック(i)』という月額500円のサービスで同様の補償が受けられます。
参照:http://www.softbank.jp/mobile/iphone/support/warranty/backupservicepack/

□ドコモでも、『ケータイ補償サービス for iPhone』という月額500円or600円のサービスで同様の補償が受けられます。
参照:https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/support/delivery/

※各携帯電話会社によって条件がありますので、ご注意を。

 

 

続・アイコンフォント

すっかり梅雨入りしましたね。
昼休みにグァバジュースを買って、トロピカル気分で働いております、國宗です。

さて、以前岩井さんがアイコンフォントについて記事を書いていましたが、 今回はわかりやすく、もう少し深く掘り下げたアイコンフォントのお話をしたいと思います。

そもそもアイコンフォントって何なの?

アイコンフォントを分かりやすく説明しますと、 「機能のいっぱいある、アイコン集のフォントをブラウザ上で動かす」という事です。 これだけだと、まだ分かりにくいので、 まずはOpentypeというフォントの形式を説明します。

Opentypeとは……

Opentypeには、リガチャー(合字)、スウォッシュ(単語の頭や末にアクセントをつける)、分数など様々な機能があり、 これを使うと、ただキーボードで入力した文字がプロフェッショナルの組版に変わるのです。 リガチャーを例に上げますと、
例えば「Office」という文字を入力します。(illustrator CC、Adobe Garamond Premium proを使用)
欧文合字機能をONにすると……

Officeの「ffi」の部分が、1文字になりました。 これは、フォントの作り手側が意図的に「f」と「f」と「i」が入力された場合に1文字の「ffi」に変換しているのです。 fiやflの黒く中途半端な部分をなくし、本文を読みやすくさせるためです。

さて、これからアイコンフォントの話に移ります。今までの「ffi」を応用したのがアイコンフォントです。僕のよく使っている「Symbolset」のサイトです。

アニメーションの文字の部分をクリックするとテキスト入力に切り替わります。 この状態で「love」とキーボードで入力して下さい。

すると、「l」、「o」、「v」とここまでは、普通のテキストなのですが、
最後の「e」を入力すると「♥」になりました。

https://symbolset.com

これがアイコンフォントの使い方です。

まとめ

【メリット】

  • 画像の代わりにテキストを入力しているので、SEO的に良い。
  • ビットマップの画像データではないので、拡大縮小しても汚くならない。Retinaもバッチリ。
  • CSSでの色の変更や装飾も自由自在。

【デメリット】

  • IEでもWebフォントを読み込めますが、クロスブラウザでつかうには、
    様々な種類のアイコンフォント形式を読み込まないといけない。

また、僕は正しい使い方ではないのですが、アイコンフォントを通常のフォントとしてインストールし、 カンプデザインにも使ったりしています。
こうする事で、いちいちアイコン集を探す手間が省けるので、 重宝しています。 ただし、この場合は画像ファイルになってしまうので注意が必要ですね。

機会があれば是非お試しください。

Spotlight

 この前、Grant Skinnerさんの話きいてきたので、CreateJSについて書こうと思いましたが、勉強不足で書けませんでした。イワイです。

 

仕切り直して今回は、、、

 全然使いこなせていない Spotlight についてまとめておこうと思います。

起動   control + スペースキー

01

 

 

Continue reading

【Mac】ウインドウの画面分割をきっちりとやってくれる無料アプリ「Shiftit」

 こんにちは、JAチームで主に更新業務を担当している、植村です。今回も前回に引き続き、おすすめフリーソフトの紹介です。  普段PCで作業をする時、気づいたら画面にウインドウをたくさん開いていることはよくあると思います。自分の場合、使わないウインドウはなるべく閉じるようにしていますが、それでも平均5〜6個のウインドウは常に開いているものです。そこで、重要になってくるのが画面分割レイアウトですね。ひとつひとつのウインドウをドラッグして移動させるのってちょっと面倒くさいですよね。そこで、このアプリの登場です↓  

アイコン

   このアプリ、どんなものかといいますと「キーボードの操作のみで、ウインドウをディスプレイの右に寄せたり左に寄せたり中央に配置したりできるアプリ」でございます。 なんだかたいしたことないアプリのように感じますが、使い始めたらもうこのアプリなしでは生きていけません。

 

<インストール&導入>

 

 まずは本家サイトから.zipファイルをDL→解凍します↓

DL画面

 アプリを解凍→インストールできましたら、Mac側でひとつだけ設定をします。「システム環境設定」→「ユニバーサルアクセス」に入り↓

システム環境設定

 

 「補助装置にアクセスできるようにする」にチェックマークを入れます↓

ユニバーサル

これで準備完了です。

 

 正常にインストールできたらデスクトップ上のツールバーに「Shift」の文字がでていると思います↓

画面ツールバー

 

メニューはこんな感じ↓

メニュー

 

<使い方>

 移動させたいウインドウをアクティブにして、自分が動かしたい場所に該当するショートカットキーを押せばOKです

 

(例)2つのウインドウを左右に配置した場合↓

画面全体

 

 もう1ピクセルの無駄もないほどビッチリと画面が左右に分割されています。狭いスペースを寸分の無駄もなく活用する、なんだかとても日本人向きなアプリですね・・。

 

 ということで、ウインドウ画面分割のお役立ちソフト「Shiftit」の紹介でした。

 

 「Shiftit」はMac専用の無料アプリですが、Windowsだと似た様なソフトで「Aero Snap」というものがあるみたいです。(Windows7だと標準でこの機能が搭載しているらしい・・)

 

 ぜひ、お試しください。